簡易的にできる水道の修理

簡易的にできる水道の修理 普段何気なく使っている水道が使えない状況は、想定することはあっても、自分に起きるとは考えてもみない人が多いです。水道のトラブルが発生したときには、どうやって対処するのかが重要になってきます。
焦るのも当然ですが、どんどん被害は広がっていきます。早めに対応するためには、常に修理を依頼できるところを見つけておくのも方法の一つです。修理できるところに連絡できれば、対処方法も指示してくれます。連絡する方法も水回りの近くに貼っておけば安心ですが、まずはどんなことが起きるのか、知識を身につけておくことが大切です。


■補修用のテープを巻く

水回りのトラブルが起きたときに、いろいろな修理の方法があります。応急的な方法として、水漏れ専用テープもさまざまな種類が販売されています。配管から漏れているときに有効な方法で、素早く対処できるのが特徴です。
自己融着テープと呼ばれていますが、つなぎ目などでも使うことができます。水の流れが強いと負けてしまいますし危険性も高いため、止水栓を閉めてから行います。巻き付ける部分に汚れがあると貼りつきにくくなるので、必ず汚れを落としてから巻き付けるようにします。ぐるぐると巻き付けていくだけで止められますが、隙間ができると漏れるため、しっかりと隙間ができないかたちで巻き付ける必要があります。テープ自体を引っ張りながら巻き付けると、隙間が生まれにくい状態を作れますので、最後の末端までしっかりと貼り付けましょう。

■パテで補修する方法
応急処置としては、修理に使えるパテもあります。パテは、樹脂で作られた補修材で、穴などが開いているときに埋められる便利な材料です。比較的簡単に使える方法で、テープと同様に止水栓を閉めて水を止めてから行います。テープは扱いが比較的簡単なので応急処置をする際には便利ですが、パテの方が長持ちする傾向があります。汚れもしっかりと落し、使わなければいけません。
パテにもいろいろと種類がありますが、2材混合で使うものが一般的で、しっかりと練り込んで、補修しなければいけない場所に塗布します。パテは樹脂でできているものの他、色々な素材があるので適したものを選ぶことが大切です。貼り付けてから硬化するまでの時間も必要となるのは覚えておかなければいけない点です。
樹脂の化学反応で硬化するため、素手で触れることを避け、ゴム手袋を着用し換気をしたうえで作業しなければいけません。

■水漏れははっきりとわからないときもある

水道のトラブルとして水漏れがありますが、はっきりとわからない場合も出てきます。普段から使う蛇口などは、見ただけでも漏れているのがわかる部分です。排水管などは、使っているときにしか漏れない上に、なかなか目につかない場所にあります。どうしても発見が遅れるため、なにか異変を感じたときには、早急に対処しなければいけません。
発見できる手掛かりとして、晴れているのに土が濡れているといった反応があります。配管は見えるところにあるだけではありません。土の中に埋められている配管もあるため、わずかな変化が大きな手掛かりになります。普段は聞こえない水が落ちる音が聞こえたときも、水漏れしている可能性を考えるべきです。

■まとめ
水道のトラブルに対する対処方法にはいろいろなものがあります。手軽にできるものもありますが、修理という点では、根本から解決しなければいけません。簡易的な方法は、あくまでも応急処置的なレベルのものであることを理解する必要があります。あとから被害を出さないためにも、専門業者の手による修理が必要です。他にもどんなことが起きるのか、修理が必要な例を頭に入れておくといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース